香港B級グルメ 粥麺専門店 靠得住

皆様こんにちは。 

ハーガウです。

香港のB級グルメと言えば、庶民の味方、茶(ちゃーちゃんてぃんが有名ですが、粥麺専門店と言う選択もあります

先日お昼に香港の靠得住と言う粥麺専門店に行って参りました。

ちなみに、靠得住とは中国語で頼りになると言う意味です。果たしてほんとに頼りになるんでしょうか(笑)。楽しみです。

香港の粥麺専門店といえば、マカオ発祥の店黄枝記の蝦子麵が有名ですが、ハーガウは黄枝記の細いちぢれたコシのある麺が好物でして、本日もゴムのような歯ごたえを期待して店に突撃するのでした。

もちろん専門店に来たのだから、麺類一択。蝦球豉油皇撈麵と菜心のセットをオーダー。待つこと10分ほど、茹で上がってまだぬくもりのあるチリチリの細麺に中国の醤油に当たる 豉油が絡めてありその上に見るからにプリプリのエビが柴犬のしっぽみたいにクルンと丸まって球上になって登場!つけ合わせの菜心もまだ湯気が立っておりオイスターソースが添えてあります。

まずは細麺に豉油がまんべんなく絡むように箸で混ぜます。そしてそれをそのまま口の中にほおばり、奥歯で咀嚼するとゴムのような弾力で歯を押し返してきます。適度な塩気と、シコシコ歯ごたえのハーモニーこれがたまりません。

お次は上に乗っかってるエビを食べます。これも月並みですがプリプリの食感で口の中でえびさんがピチピチと跳ね回ります。美味。

続いて付け合わせのスープをいただきます。ネギがスープに浮かんでいて食欲をそそります。レンゲでスープを口に運ぶと少し臭みがあるような印象です。残念ながら、私の口にはあまり合いませんでした。

最後に菜心をオイスターソースにつけて口に運びます。まだ暖かく、食感も適度に柔らかく適度に歯ごたえがあると言う表現がしっくりくる感じでしょうか。味は甘みの中にほのかな苦味があり、全体的に優しい味に仕上がっています。

セットに付いてきたりんご紅茶で流し込みます。お一人様なのにポットで出てきて量が少し多くて困りました味はそのままの味でりんご風味の紅茶でした。

そして埋單(まいたん)

蝦球豉油皇撈麵が60香港ドル

菜心が20香港ドル

りんご紅茶が3香港ドル

+ 10%のサービスチャージで

総計94.6香港ドル

1400円て考えるとあんまり安くないですが、私はこの竹の棒でこねたコシのある麺が大好きです

また折を見てきたいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。