香港島のコスパ最高な移動手段、路面電車

香港島のコスパ最高な移動手段、路面電車

皆さんこんにちは。

ハーガウです。

本日は香港の庶民の足、路面電車について、ご紹介したいと思います。

香港は、お店の賃料のベースになる不動産が高いことと、土地が狭いので自給自足ができず輸入に頼るため、あらゆるものの物価が高い都市でありますがこと交通費についていえば、世界の大都市の中では相対的に見て安い都市と感じます。どんな国も公共交通機関の運営は、企業が行っていますが、交通機関は他の事業と異なり公共性が高いですので、自由に値上げすることができませんが、香港の場合、過去に貧富の差が世界一ある都市に選ばれたこともあり、公共性を考えた場合にどうしても収入の少ない家庭に基準を合わせるため、なかなか値上げできず、安く抑えられているのかもしれません。

タクシーはこの13年でずいぶん値上がりしましたが、それでも日本と比べると安いですし、(今の初乗りが24香港ドルバスも市内であれば10ドル以下の路線がほとんどです。物価指数と比べるとかなり割安です。

香港は土地が狭いので駐車場料金も高いですし、新車購入時の税金が大変高く、車を持つのはかなり贅沢なことであります。そう考えるとますます公共交通の重要性が高く、値上げは難しいのでしょう。

その数ある交通機関の中でも最もお得な移動手段が路面電車であります。

路面電車は香港島の北側の主要な街を東西に結んでおり、

なんと全線、大人が2.6ドル、子供が1.3ドル、お年寄りが1.2ドルと言うお値段です😳

路面電車は、バスと同じようにオール2階建てです。スピードは決して早くはありませんから、お急ぎの方は地下鉄をお使いになるのがよろしいかと思いますが、路面電車は、頻繁に参りますし、いちいち地下に潜る必要もありません。乗り心地は、座席にクッションがないため、お世辞にも良くありませんが、イギリス植民地統治時代の名残を残しており大変風情があります。そして真冬以外は、窓がオープンになってることが多く、生の香港の街の風景を楽しむことができます。窓が開いているので景色だけではなく、香港の街の騒音や匂い、例えば漢方薬の匂いや食べ物の匂いも含めて身近に香港を感じることができるわけです。こういった体験はビデオではすることができません😄

乗り方

乗り方は、進行方向の後ろ側から乗り込み、降りる時に料金を支払います。2.6ドルを現金で払うかオクトパスで払います。オクトパスが便利かと思います。

まとめ

残念な事は、香港島にしか、路面電車が存在しないことですが、お時間に余裕があって、観光がてら香港の景色を楽しみたいと言う方やとにかく安い交通手段を使いになりたいと言う方は、路面電車をお使いになるのも良いかもしれません。きっと庶民の生活を覗くことができると思います😊

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。