香港島 灣仔 Grand Hyatt Hong Kong 内 one harbour road(港灣壹號)

皆さんこんにちは

ハーガウです。

本日はオススメの広東料理レストランをご紹介します。

B級グルメから、香港においしいものは、たくさんありますが、ちょっと今日は高級路線で。

ワンハーバーロードについて

本日、ご紹介するレストランは、香港島のホテルグランドハイアットの8階にあるワンハーバーロード(港灣壹號)です。ハーガウは実は香港に住む以前から、ワンハーバーロードには出入りがありまして、最近、若干味が変わったように思いますが、それでも香港の広東料理をリードしているレストランの一つと思います。

まず、ワンハーバーロードの入っているグランドハイアットと言うホテルは香港で大変格式のあるホテルで、ヒラリークリントンさんがオバマ政権の国務長官だった時代に、香港に訪問した際に宿泊したホテルでもあります。そのようなホテルに入っているレストランなので、大変高級感あふれる佇まいとなっています。

お店に入ると香港を一望できる大きなガラスの窓が付いており、大変開放感のある作りとなっていて、自然と気分が上がります。 

コースメニュー内容

アラカルトも素晴らしいのですが、今回はコース料理を頼むことにしました。コースのメニューは添付をご参照ください。

料理実食

まず、前菜として最初に登場したのは、チャーシュー、皮がカリカリで中の柔らかい豚、そしてグリルした鶏です。チャーシューは肉が柔らかくジューシーで、カリカリ豚は食感が楽しくマスタードをつけて食べると味に変化をつけるとさらにうまみが増ます。そして鶏も肉に弾力があり安定感抜群のおいしさです。

お次は鶏のミンチとツバメの巣のスープです。この料理も鶏肉の滋養とうまみがスープにしみ出すと同時に抗酸化作用と免疫アップに役立つツバメの巣の歯ごたえが絶妙のハーモニーを奏でまさに中華料理の真髄である医食同源を体現しています。

3品目は、干しアワビのオイスターソース煮です。これも表現し難い絶品!太陽の下で干すことでうまみ成分が増幅した干しアワビは柔らかく噛めば噛むほど口中にうまみが広がります。付け合わせで付いている青梗菜も食感に変化を与え甘味のあるオイスターソースとの相性も抜群です。

4品目は、香港定番のガルーパー(ハタ)の中華風蒸し魚です。これも、醤油と紹興酒、生姜で蒸しあげたプリプリの身に熱々のごま油をかけているためタレが最高にうまいです。タレだけでもご飯が進むほどです。頭も取り分けてくれるます。顎を動かすため筋肉の発達したほっぺたの肉が特においしいです。

ここまででお口の中は幸せいっぱいなのに、これでもかと、満を持して登場するのが、きのこのソースがかかったエビです。これは本当に食感の楽しい料理でして車海老のようなプリプリの海老にこれまた歯ごたえの楽しいアスパラガスとキクラゲが加わり、食感の三重奏を奏ます。

そして締めは魚で出汁をとったスープのフォーです。こちらの料理は魚のスープが大変濃厚で、おそらく魚の骨を豚骨スープのように煮込んだんではないかと思われます。これも今まで味わったことのないなんとも言えないおいしいスープです。

最後はデザート。数種類から選べるのですが私は無難にチョコレートアイスを頼みました。このチョコアイスも大変濃厚な味わいで大変おいしかったです。

最初から最後まで、非のつけどころのない、パーフェクトリレー。お料理は大満足でした。

マイタン(お会計)

お一人様あたり1000香港ドル強 +サービス料だったと思います

ご注意事項

コースメニューは定期的に変わりますので今のメニューは同じではありません。もしお召し上がりになりたいときは添付した写真のメニューをお持ちいただければ、あるいは、作ってもらえるかもしれません

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。