香港の庶民的ながら、ミシュラン一つ星の本格的なローカルレストラン甘牌焼鵝で買ったチャーシュー

皆さんこんにちは。ハーガウです。

先日お昼に行った香港の庶民的ながら、ミシュラン一つ星の本格的なローカルレストラン甘牌焼鵝で食べた燒鵝飯があまりにおいしかったので、夜ご飯用に蜂蜜チャーシューをお土産で買って帰りました。

250グラム(半斤)から購入でき、お値段は70香港ドルでした。

冷蔵庫に入れておき、夜に電子レンジでチンして白飯の上に乗せていただきました。

半日経っているにもかかわらず 、お肉をレンジでチンすると焼きたてと同じように、部屋中に甘い香りが漂い、食欲をそそります。

それをご飯に乗せると、甘いタレと肉汁がご飯の上にかかって、実にうまそうです。チャーシューを口に放り込みます。何より驚かされるのはその肉質の柔らかさです。そして噛むと肉汁が溢れ出ます。うまい😋

さすがは、ミシュラン一つ星の店と言う感じですね。感覚的に言うと、灣仔のグランドハイアット内の中華レストラン、ワンハーバーロードのチャーシューに近い味です。また、甘いタレがご飯とよくなじみます。あっという間にどんぶりを全て平らげてしまいました。お値段はお安いですので、コストパフォーマンスを考えた場合にかなり優れていると感じました。

骨が多めの燒鵝飯が、召し上がれない方は、チャーシューを召し上がっていただいても充分満足度が高いと言う風に感じました。皆様も機会があればぜひ召し上がってみてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。