香港のドンキホーテ(尖沙咀店)

香港のドンキホーテ(尖沙咀店)

皆さんこんにちは。ハーガウです。

先日、香港のドンキホーテに行って参りました。香港のドンキホーテは尖沙咀の美麗華ホテル(ミラマーホテル)の地下にあります。

店に近づくと大音量で、広東語版のミラクルショッピング(どどどドンキー、ドンキホーテと言う歌)が大音量で聞こえてきます。一瞬ここは新宿、池袋かと錯覚そうになりますが🤪よく聞くと広東語でここが香港であったと我に帰ります😆

ちなみに、お店の入り口はネイザンロードに面した側で、キンバリーロード側が出口ですので、覚えておいてください。階段を降りて、地下一階に降ります。

入ってすぐ右手に籠があるので籠をとって、ショッピングスタート。まずお店に入るといきなり向かって左隅っこのほうにアダルトコーナーがあります。その右隣がコスプレコーナー、その右隣が薬屋コスメの売っているコーナー。

日本のドンキと比べるとこの3コーナーの売り場面積はそんなに広くないように感じます。右に折れて、順路を進むと、野菜コーナーが現れます。老舗のジャ○コさんやシテ○ースーパーさんよりも安く野菜が出てますしかも新鮮です。さらに進むと今度は牛肉、豚肉、鶏肉の順にお肉のコーナーとなります。

肉も色が赤みを見ていて比較的鮮度が高く値段もお安いです。しゃぶしゃぶの和牛が差しが入って250グラム、235から320香港ドル位で、外食するよりも家でしゃぶしゃぶしたほうが安いです。

さらに進むと、魚が丸ごと売ってます。キンメ丸ごとやカツオの御頭、キンキや鮎が置いてます。

たまにイカなんかも生が1匹丸ごと置いてますが、長時間放置されて白くなったりしています。売れ行きはあまり良さそうではありません。香港人はやはり自分たちで料理しないからでしょうね。せっかく食材が良さそうなので、もったいなく感じます。

次に切り身や柵で魚を売っているのコーナーがあって、さらに進むとお寿司が売ってます。

シマアジやぶり、マグロのトロのお寿司が置いてます。うにの軍艦巻きなんかもあります。

左に折れて順路通りまっすぐに進むと今度はお惣菜コーナーお弁当コーナーがあります。昨年の香港時代革命の際はデモの直前に、デモ隊の方たちが、ここでお弁当買って出口付近のイートインで食べてました。牛丼、カツ丼、焼き餃子、イクラの入ったおにぎりなどが売られてます。

一人暮らしの方や重慶マンションとか素泊まりのホテルに泊まってる方、なんかは助かるんじゃないですかね。さらに進みます。右手にジュースコーナーがあります。老舗のジャ○コさんやシテ○ースーパーさんには置いてないジュースが結構あります。ポンジュースや日本版のカナダドライジンジャエールは香港でここにしか置いてないと思います。ハーガウウィルキンソンよりもカナダドライが甘みがあり好きです😊

そのまままっすぐ進むとお菓子が販売されているコーナーをとりながらお会計に進みます。

お会計する前に、香港のアプリストアでドンキホーテのアプリをダウンロードして、顧客登録しておきましょう。アプリを立ち上げるとバーコードが出てくるので会計の際にバーコードを見せればポイントが付与されます。会計を済ますと、左手に焼き芋とミルクシェイクを売ってる店があります。これが大変おいしいです。焼き芋は水分が多くしっとりして甘いです。

芋だけいただいても決して喉につまりません。ミルクシェイクも北海道の牛乳が使われており濃厚でおいしいです。

お芋が一つ20香港ドル、ミルクシェイクが37香港ドルです。原価を考えるとやや高い気がしますが、おいしいのでアリと思います😊

まとめ

香港のドンキホーテは日本のようにブランド品や便利な生活雑貨を買う場所と言うよりも、日本のおいしい食材や食べ物に出会えるスーパーと考えるのが正しいです。

特に生鮮食品は値段もライバル店と比べ安くて新鮮です。

ハーガウの日本食材を購入できるスーパーの使い分けの仕方は、

ジャさん、アタさんは日本人の住んでいる場所に近く立地が良い。急ぎの時はそこで。

シテースーパーさんは若干高いが、外で手に入らない海外食材が手に入る。

生鮮食品や弁当を買うならドンキホーテ

冷凍した魚や牛肉を買う場合は九號水産です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。