珠海、マカオ家族連れの旅(マカオ篇)

珠海、マカオ家族連れの旅(マカオ篇)

皆さん、こんにちは。

ハーガウです。

拱北のイミグレのタクシー乗り場に大勢の人が並んでいたため、各ホテルが出しているバスに乗り、ひとまず澳門半島のフェリーターミナルに移動することにしました。10分ほどでフェリーターミナル到着。そこからタクシーに乗り、科学館へ。

マカオ科学館

オープン:1018時。

木曜と旧正月前日休館、祝祭日は開館。78月は毎日開館。

入館料

展示ギャラリー 25パタカ

科学館の中はクーラーが効いていて、子供が楽しく遊べるようになっていました。


そこでひとしきり遊んだ後、ポルトガル料理フェルナンドにタクシーで移動し昼食。


黒沙海岸と言う、マカオの最南端の僻地にあるにもかかわらず、大変な人気店で、当日も多くの人で賑わっていました。客層は西洋人とアジア系が半分半分と言うところでしょうか。ここの特徴は、ポルトガル料理と中国料理両方が味わえるところです。そのようなラインナップの豊富さが、多様な人種を惹きつけるのでしょうか。ハーガウは、チャーハンと菜心、牛肉のシチューをいただきました。お味は大変おいしく、また機会があれば、ぜひ行ってみたいと思います。

食後に、すぐそばの黒沙海岸公園に行って子供たちを遊ばせました。黒沙海岸はその名の通り黒い砂浜のビーチが続きます。そのすぐ隣に子供たちの遊べる公園があり、遊具が豊富で長時間楽しめました。

その後、タクシーがないので、フェルナンドの目の前のバス乗り場でバスに乗り、コタイ(ラスベガス系のカジノがあるマカオ中部に位置する埋立地)まで移動。

パリを模して作ったカジノ、パリジアンを少し歩いて、すぐ隣にあるベネチアンに移動し、そこから環島中港通の高速バスに乗り再び香港に戻りました。

チケットはあらかじめウェブサイトで購入済みでしたので、スムーズに乗ることができました。下車は行きと同じくオーシャンターミナルです。

そこからタクシーで自宅まで戻り、今回の旅は終了。お疲れ様でした。

皆様もたまには気晴らしにマカオに訪問してみてはいかがでしょうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。