副鼻腔炎と私の健康法

私が香港に来て早12年になりますが、患っている持病として、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があります。香港は中国の中では比較的空気の綺麗な都市ですが、やはり中国最大の工場地帯である広東省を北側に抱えているいるため、空気はお世辞にも綺麗とは言えません。夏は南から北に風が吹くのでまだマシですが、冬場は北から南に汚れた空気を吹き付けるので空気の質は悪化します。

そして、香港人に言わせると風水か何かの関係で、公共の場所は、年中、冬でもクーラーをかけているため、体は冷え、そしてクーラーのフィルターをきちんと掃除していないからかカビや埃ですぐに鼻の調子が悪くなりました。そして五年ほど前にクーラーをかけたままうっかり寝てしまい、起きたら黄色い鼻水がたくさん出て、それからと言うものの、風邪をひくたびに、鼻の調子がおかしくなり

また薬を飲んで治しては、悪くなり言うことを繰り返すうちに、すっかり慢性化してしまいました。鼻の調子は悪い日は後鼻漏で鼻水が喉に落ち、咳がひどく出て辛い思いをしました。

私は元来風邪をひくと扁桃腺に来るタイプだったのですが、20歳から30歳までの10年間1日1箱タバコを吸い、下地を作り、鼻を悪くする条件の揃った香港でその才能を開花させたと言う感じでしょうか。

そこから悪戦苦闘しまして、試行錯誤(ビオフェルミン、ヤクルトを鼻につっこんだり、リステリンで喉を焼くなど)を経ていくつかの予防法と治療法に辿り着きました。予防はベースとして、第一に血流を良くすること。具体的には、軽くジョギングをしたり、漢方薬の葛根湯を飲むなどして体質改善。

第二に免疫力を高めること。これにはジョギングやよく寝ること、マヌカハニーと整腸薬で腸内フローラを増やしてあげること。

この2つが大変効きます。

万一疲れが溜まって風邪などを引き副鼻腔炎が再発した場合は、次のような治療法にたどり着きました。後鼻漏対策としてムコダインを飲み鼻水の粘度を下げる。そして抗生剤であるクラビット500を1日一錠。鼻を温め清潔にするために、温い鼻を痛めない浸透圧に合わせた水、(生理食塩水)で鼻うがい。

特に予防においては、UMF12+以上のマヌカハニーの効き目は絶大です。殺菌力だけではなく免疫力を高めるようです。しかも腸内フローラを殺さないそうです。

お値段高くお求めにくいですが、私は試す価値を感じてます。

こういったやり方で治療しています。皆さんに効くかどうか分かりませんが、お悩みの方の一助なれば幸いです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。